Atelier*K/work&handmade

okukeisan.exblog.jp
ブログトップ
2007年 05月 20日

テーラードジャケットの話

c0012247_16551699.jpg

このトワルは、サイト用ではないのですが、
基本形ジャケットシルエットを組んだので
ご紹介です。
一つ釦のメンズテイストのジャケットです。
とあるジャケットメーカーの製品を
参考に組んでみました。
5mmの肩パット入り
サイズ感は7号(9号の小さめ)位ですが、
いつものボディにもピッタリです。

そのジャケットは、
縫製もメンズテイスト仕上げで、
袖裏は、手まつり。
前見返しと裏地の付け合わせも手まつり(星止め)。
1番感心したのは、ラペル部分の『ハ刺し』
婦人服の縫製工場では、なかなかここまではやらないですね。
メンズ縫製工場で、きっと縫ってもらってるんだろうな。

婦人と紳士服の大きな違いの1つに
アームホール形状があります。
これは、とても奥深いテーマで、一言では言い表す事ができませんが、
パタンナーとしても永遠のテーマです。

アパレルの服作りは、デザイナーの意図(好み)もあり
アームホール形状と袖の降りは、
微妙な要求があり、
納得の物を作り上げる事は、私にとって永遠に続くテーマだと思います。
c0012247_17202154.jpg

このお袖の降り加減は、どうでしょう。
結構、きれいなお袖に出来上がっていると思います。


着やすく、型くずれしない
丁寧な縫製で、1着、シンプルなジャケットを
作りたいとず〜と思っているのですが。


c0012247_17272098.jpg

今日は、眩しい日射しとさわやかな風で
気持ちよい1日です。

青い空に孫悟空が乗っているような
雲が浮かんでいて、
思わず、カメラにおさめてしまいました。
[PR]

by keiko-oku | 2007-05-20 17:31 | work | Comments(2)
Commented by さちママ at 2007-05-20 20:45 x
綺麗な袖線のジャケットですね~。たかが袖、されど袖。
折角身頃が綺麗に出来ても、肩から袖線が綺麗にできないと着用した時の印象が全然違いますよね~。初心者の身分じゃ中々・・・
出来上がって毎回溜息です。
Commented by keiko-oku at 2007-05-20 23:52
さちママさんは、よくジャケット作られるのですか。
袖付け縫製はなかなか難しいですね。
お袖のイセが、生地によってきれいに入ってくれる、くれないで
出来上がりも違ってきて。
本来は、生地によりイセ分量も調整し、パターンを作りますが、
生地はウールが1番縫いやすい(^^*



<< オリジナル ネーム      近況! >>