Atelier*K/work&handmade

okukeisan.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 19日

いろいろと・・・

サイトのオーダーシステムを見直し、先払いシステムに変更しました。
今回、かなり落ち込みましたが、
気を取り直して、マイペースで運営して行きます。

この際と、仕様書に書いているデザイン画も載せてみました。
当初、パターンをお届けするという目的で始めたので、
仕様書自体の主さをあまり考えていなく、
とても簡単な説明の物を作っていましたが、

サイトを進めて行く段階で
段々と細かい説明も必要なの?
どこまでの説明を載せるのと思い始め、
当初の仕様書は、1枚〜2枚程度でしたが、
最近の仕様書は、2枚〜3・4枚に増えてしまいました。
お客様からの縫製面での説明を問われる事もほとんどなく嬉しい限りです。

パタンナーの仕事はパターンを作る事。
勿論、縫製も分かっていないと縫いにくいパターンを作る事になり、
縫う人が縫いやすいパターンをと、考え作り上げます。
でも、企業のパタンナーは、縫製はその専門家にお願いするので、
実際に縫ってみて始めて「ここはこの方がいいのでは」という
箇所も出てくる事があります。
サイトのサンプルも縫い始め、パターンの微調整が入る事もあり、
また、着用してみて、微調整が入る事もあり、
1型のパターンが出来上がる工程と時間は、
企業のパターンと比べると問題にならないくらい位、
大変ですが、やはり、出来上がった時は嬉しいですし、
1つ1つに愛着が湧きます。

廃盤にした型・あまり注文が入らなかった型の中でも
好きな物もあり、
残念と思う事も多々あります。
勿論、シルエット的に今の感じから外れたとか、
分量的にと思い、廃盤にした物もありますが。

長くなりましたが、話は変わり、
今、以前の会社の同僚から頼まれたタイトスカートのパターンの製作に
かかろうとしています。
その同僚は、パタンナーではなく、縫製技術の方の人で、
近い将来、オーダーの仕事を始めたいと考えている人です。
依頼されたタイトスカートは、
ある有名人の方のスカートでオーダー寸法での製作です。
でも、その型が、基本形のウエストインベル付き、2本ダーツタイトスカートなので、
最近は見ない形と、新鮮な気持ちです。
[PR]

by keiko-oku | 2007-02-19 16:38 | diary | Comments(0)


<< Aラインスカート      つぶやき_ _: >>